ウリン・エコアコールウッドのウッドデッキ施工はホーム建材デポにお任せ下さい。

No9127:ベランダ拡張で快適空間♪
狭所でも可能なガレージデッキ
タイプ
ガレージデッキ・バルコニーデッキ(戸建て・駐車場用・ベランダ用)
材料の種類
エコアコールウッド材
金額
150万円〜160万円
施工場所
大阪府吹田市
オプション
フェンス・ウォールナット塗装・ベランダデッキ
施工時期
2019年12月頃
施工面積
GD部(間口4840mm×奥行約1560mm)
ベランダ部(約6u)

施工前
ガレージデッキ施工例149a
ガレージデッキ施工例149b

施工後
ガレージデッキ施工例149c
ガレージデッキ施工例149d
ガレージデッキ施工例149e
ガレージデッキ施工例149f

デポ太からのコメント
ガレージデッキ工事の中でベランダ開口工事を行うお客様の
多くの理由として洗濯スペースの拡大が挙げられますが、
今回のお客様の場合もお子様が多くいることでベランダ拡張が主な目的でした。

ただ、建築段階で駐車場部分までベランダがせり出ている為、
鉄骨の柱をデッキ面積に合わせて建ててしまうと、
お車を駐車場に入れられなくなる、という問題が発生してしまいます。
(基本はガレージデッキのサイズの四隅に鉄骨柱を建てます。)

そこで、ベランダ側の柱の一本を家側の柱の横に立てて、
一旦鉄骨の梁で受けた後に梁の上に繋ぎ用の柱を建てることで、
強度を確保しつつ、お車を入れる際に柱が邪魔にならないような形で
施工を行いました。

デッキ内部、並びにベランダ内部との接点についても、 通常は
ベランダ壁を開口した後、水漏れが起きないように笠木で蓋をする為、
ベランダデッキとガレージデッキの間に笠木が見える形での
施工が多いですが、家を建築した工務店様と打ち合わせを行い、
開口部の高さを可能な限り低くしてもらうことで、
ベランダデッキとガレージデッキ部の高さを合わせつつ、
そのまま行き来ができるようになりました。
ガレージデッキ自体のサイズは小さめですが、ベランダ内部と
連結させることで広々とした空間が出来上がります♪

当店のベランダ開口工事の中でも初めての試みとなりましたが、
工務店様と協力の上で無事に納めることが出来ました。

材料はエコアコールウッド材をウォールナット塗装にて用い、
夏場の熱い時期にシェードをかけられるようにデッキの
道路側の二隅にロングの木の柱を立てています。

--------------------------------------------------------------------------------
WD施工事例 ガレージデッキ施工例一覧へ戻る




ホーム建材デポマップ

ホーム建材デポ

〒561-0843 大阪府豊中市上津島1-2-30

TEL: 06-6867-0110
FAX: 06-6867-0112
Mail: info@wood-depo.com
定休日: 水曜日
営業時間: 9:00〜17:00

お問い合わせはこちら